日赤新労は労使協調を基本路線とした日赤に働く職員のための労働組合です
サイトマップ お問い合わせ
日本赤十字新労働組合連合会
サイト内検索
 
 
 
           
  トップページ   >>>   日赤新労について
 
組合員専用ページはIDとパスワードが必要です。
発行方法は所属単組役員または本部にお問い合わせください。
 
【組合員専用コンテンツ】
速報
本部広報室
組合員専用掲示板
スケジュール
加盟単組
各部情報
看護部
DATABANK
 
 
     
     
 
 
 日赤新労は結成以来、着実なる組織の伸びを積み重ねてきました。労使協調の基盤に立ち、良識ある労使交渉の先鞭をもって獲得した主な成果は次の通りです。
S37.04 給与について国家公務員体系を新労と本社間に確立し、さらにベアについても同時同率支給を実現
S39.12 労働時間の大幅短縮(1週実働39時間30分)を実現
S44.06 国家公務員以上の一時金(夏期・年末手当)を獲得
S47.05 産前産後休暇並びに傷病見舞金制度の実現
S47.06 日本赤十字社職員住宅資金融資制度の実現
S48.12 年末年始特別出勤手当支給の実現
S49.11 日本赤十字社職員退職年金制度の実現
S50.10 昇格基準の大改革を実現
S54.03 育児休業制度の実現(H11.3 大幅改正を実現)
S56.05 日赤保養所「日赤富士山荘」の新設
H03.07 夏季休暇3日間の獲得と週休2日制(試行)の導入
H04.08 厚生年金基金制度の実現
H06.12 介護休暇制度の実現(H11.3 大幅改正を実現)
H07.02 永年勤続本社表彰対象者に特別有給休暇を獲得
H09.02 ボランティア休暇(特別有給休暇年間5日間)を獲得
H10.04 母性健康管理の措置の義務化に関する協定締結
H11.09 福祉職俸給表の新設
H12.07 KKR宿泊施設の利用開始(特別料金)
H14.02 育児休業・介護休暇制度の改定
H14.04 子の看護休暇の新設
H14.09 定年退職制度・定年前早期退職勧奨制度・再雇用制度の実現、初任給標準格付基準の確立
H17.2 全社的福利厚生事業の構築等を実現
H20.2 勤務評定制度の導入
H20.12 労働時間の短縮(1週実働38時間45分)を実現
H21.08 育児短時間勤務制度の導入
H25.03 技師長職の対象の拡大を実現